オイルを使ったケアで美しいロングヘアを目指そう

>

ヘアオイルはどんなときに使う?

油で水分を逃がさない

髪の毛は空気の乾燥している環境下や、カラーリングやパーマネントなどで髪の毛がダメージを受けていて保水能力が低下しているときに水分を外に放出しやすくなります。
髪の毛から水分が少なくなるとパサついてごわごわとした手触りになり、まとまりにくくなってしまったり髪の毛の艶がなくなり見た目が悪くなってしまいます。
洗髪時や入浴時に利用するトリートメントや集中ヘアパックのような商品は多くの場合美容成分などを含んでいて、髪の毛に水分を与えてくれるようなものが多いです。
そういったものを使うことでも髪の毛に水分を与えることはできますが、ドライヤーの熱や外の環境による水分の放出を防ぐことは難しいです。
一方オイルは髪の水分が逃げないように膜になりますので、トリートメントやヘアパックを使った後の髪を乾かす前にオイルを馴染ませることで髪の保水能力を高めることができます。

天然のものと人工的なものがある

天然のヘアオイルは美容成分などが含まれているわけではなく、オイルだけでできています。
その精製方法によって含まれている成分が違い、特徴はそれぞれありますが、髪の毛や頭皮を汚してしまうような成分が入っていないのが特徴です。
オイルを多量に髪に含ませすぎてしまうと、髪の毛がべたついてしまうという事はありますが、それでも頭皮が汚れてしまうことは少ないです。
むしろ、頭皮マッサージなどにもオイルを使うことができるので、そういった使い方をすれば頭皮をより清潔に保つこともできます。
逆に、他のトリートメントやヘアパックなどはその成分が頭皮の毛穴に詰まってしまうこともあるため、通常髪の毛の身に馴染ませるように気を付ける必要があります。


この記事をシェアする