オイルを使ったケアで美しいロングヘアを目指そう

>

オイルを使う時の注意点

髪の水分が逃げてしまいそうな前に使おう

ドライヤーで髪を乾かす前やアイロンごてなどで熱を加えてヘアセットをする前に使うことは、高温による髪からの水分の離脱を防ぐことで保湿効果が期待できます。
とくに入浴後の髪の毛をドライヤーで乾かす前に使うのは、髪の毛が洗髪後のきれいな状態であることからつや出しの面でもとても効果的です。
この場合はタオルドライで適度に髪の毛の水分を取り除いた髪に使うとよいでしょう。
タオルドライが不足で水分が余剰にある状態だと、上手くオイルが馴染みませんのでしっかりめに乾かしてから使いましょう。
また髪の毛を梳かしてから使うことでしっかりと全体に馴染ませることができますので、髪を梳かした後にオイルを手に取ることをおすすめします。

適量以上に使うことは失敗の元

髪につやを持たせたい、しっとりとさせたいからと言ってオイルを多量に使うことはお勧めしません。
それは、オイルが多すぎると髪の毛にオイルが馴染み切らず、べた付いた手触りになってしまうからです。
また、量が多いと残ってしまったオイルが頭皮の方まで行ってしまい、頭皮の毛穴にオイルが詰まってしまいます。
そうすると、血行が悪化して、髪質も悪くなってしまいます。
手に取る量が適量でも、髪の根元に使うと毛穴のつまりに繋がるので、毛先のほうを中心に使いましょう。
多くの場合、頭皮に近い新しい毛よりも毛先の古い毛のほうが傷んでパサついていることが多いと思いますので、そういったダメージの多い部分にしっかりとオイルを馴染ませるイメージです。


この記事をシェアする